AGU RESEARCH

AGU RESEARCH

AGU RESEARCH

私たちが生きている世界には、身近なことから人類全体に関わる大きなことまで、様々な問題が溢れています。
それらの実態はどうなっているのか、本質はどこにあるのか。意外に知られていない現状や真相を、
本学が誇る教員たちが興味深い視点から解き明かします。

映像で視る研究最前線

青山学院大学では、地域社会、国際社会、国内外の行政機関、諸団体、企業や他大学等との連携協力により、自らの教育研究活動を展開し、世界に発信していきます。そして、豊かな社会の実現を目指し、現代的課題と社会ニーズに応える諸活動の実施を通じて、広く社会に貢献するために、常に多種多様な研究を行っています。

動画一覧はこちら

  • 総合文化政策学部
  • オリンピック開会式の「芸術プログラム」を読み解く
  • 飯笹 佐代子 教授
  • オリンピック・パラリンピックは華やかな開会式で幕を開ける。近年の開会式の特徴は、選手団の入場行進や聖火点灯などの儀式のほかに、一大ショーとしての「芸術プログラム」が盛大になっていることである。その内容のなかで、私の専門である多文化社会論の観点から興味深いのは、多文化・多民族の共生をアピールする演出である。本コラムでは、シドニー、ロンドン、リオデジャネイロ各大会の「芸術プログラム」に着目し、それぞれにおける多様性と共生をめぐる物語を読み解いてみたい。(2019年掲載)
  • コラム詳細はこちら

世界を読み解くコラム

MOVIE

映像で視る研究最前線

  • 文学部 史学科
  • 歴史から人類の叡智・幅広い教養を多面的に学ぶ
  • 阪本 浩 教授
  • 長い歴史の中で人間は同じことを繰り返すからこそ、過去を学ぶことで教訓が得られるという見方がある一方で、ユダヤ・キリスト教的な考えでは、人間は同じではなく進歩していくものだという直線的な見方がある。...(2020年1月公開)
  • 詳細はこちら
  • 文学部 史学科
  • 歴史から人類の叡智・幅広い教養を多面的に学ぶ
  • 阪本 浩 教授

映像で視る研究最前線の一覧はこちら

特集

世界を読み解くコラム

私たちが生きている世界には、身近なことから人類全体に関わる大きなことまで、様々な問題が溢れています。
それらの実態はどうなっているのか、本質はどこにあるのか。意外に知られていない現状や真相を、
本学が誇る教授たちが興味深い視点から解き明かします。

私たちが生きている世界には、身近なことから人類全体に関わる大きなことまで、様々な問題が溢れています。
それらの実態はどうなっているのか、本質はどこにあるのか。意外に知られていない現状や真相を、本学が誇る教員たちが興味深い視点から解き明かします。

  • 理工学部 化学・生命科学科
  • 未知への挑戦
    酵母菌に学ぶ
    高水圧環境への適応戦略
  • 阿部 文快 教授
  • 「ひとと同じことはしたくないな」。そんな想いからめぐり合ったのは高水圧に適応した微生物の研究だった。自ら研究手法を考え、独自の視点で切り拓く研究内容からは、時に世界を唸らせるような発見も導き出される。独創性と日々の実直な積み重ねで、0から1を見い出す基礎研究に挑んでいく。(2022年公開)
  • 詳細はこちら
  • 理工学部 化学・生命科学科
  • 未知への挑戦
    酵母菌に学ぶ
    高水圧環境への適応戦略
  • 阿部 文快 教授

  • 総合文化政策学部
  • 日本映画がより発展するために
  • 内山 隆 教授
  • 近年、日本映画界全体が好調に見えるが、わずか30年前は谷底時代であった。谷底時代からどのように復活したのか、また今後さらなる発展を目指すには何が必要なのか、国際的な産業として映画を見つめる。(2012年掲載)
  • 詳細はこちら

  • 文学部
  • 文学は、私たちの<生>を支える
  • 土方 洋一 教授
  • 昨今、「世の中の役に立つか、立たないか」という一面的な判断から、実学が重用され、文学をはじめとする人文学系学問が軽視される傾向にあり、人文学系学問の存在意義が問われている。本コラムでは、人文学を学ぶ意義について、文学を例にあげて明示するとともに、文学の魅力、本を読むことの価値について説く。(2017年掲載)
  • 詳細はこちら

  • 国際政治経済学部
  • コミュニケーション力の磨き方
  • 末田 清子 教授
  • 採用選考で重視する要素として「コミュニケーション能力」が10年連続で1位になるなど、「コミュニケーション力」が要求される近ごろ。「コミュニケーション力」を向上させるためには、いったい何をすればよいのでしょうか? 本コラムでは、コミュニケーションの本質が何かを掘り下げるとともに、真の「コミュニケーション力」とは何かを説く。(2015年掲載)
  • 詳細はこちら

BACK NUMBER

バックナンバー

  • 経営学部
  • 幸福の経済学
  • 亀坂 安紀子 教授
  • 経済学は、これまで「物質的・金銭的な豊かさ」に議論の焦点をあてることで発展してきた。しかし、個人の豊かさや幸せを測るには「精神的・主観的な要素」も無視できないという議論の高まりから、経済学でも近年急速に「幸福」の概念を扱うようになってきた。本コラムでは、なぜ経済学で「幸福」を扱うようになったかを説き、「幸福」についての分析事例をあげたうえで、「幸福の経済学」の意義と今後の可能性を探る。(2016年掲載)
  • 詳細はこちら

  • 社会情報学部
  • コンピュータで文章はうまくなる?
  • 稲積 宏誠 教授
  • 大学生の「文章を理解し作成する能力」の低下が指摘されている現在、「レポートや論文の書き方」を講義として開設している大学は多い。しかし、人的な負担から文章作成の実習指導まで行っている大学は少ない。そこで立ち上がったのが、コンピューターの自然言語処理技術を用いたツールで文章表現力を向上させる「日本語表現法開発プロジェクト」である。コンピューターで文章はうまくなるのか?既存の研究成果や技術を駆使して、同プロジェクトが学生の文章表現力向上という課題に挑む。(2015年掲載)
  • 詳細はこちら

  • 経済学部 経済学科
  • 経済活動が環境に与える影響を
    エンジニアリングと経済学の複眼的視点でとらえる
  • 松本 茂 教授
  • 環境経済学は、経済活動を環境への影響を含めて分析し、環境負荷低減に向け実行可能な方策を見出そうとする分野だ。理系学部から経済学の道へ進んだ松本茂教授は、エンジニアと経済学者という二つの視点からこの分野の課題に取り組む。その研究へのスタンスと共に、企業と消費者、両者の選択と行動からとらえる環境経済学の基本的な考え方や、カーボンプライシング(炭素に価格をつけ、コスト負担を課すことで行動変容を促す政策手法)に関する研究成果を紹介する。
    (2022年掲載)
  • 詳細はこちら

バックナンバーの一覧はこちら

SEARCH